Takahashi Juri’s 2017 9th Senbastu Speech (English Subtitles)

Here is Takahashi Juri’s speech for the #11 position from the 2017 AKB48 49th Single 9th Senbatsu Sousenkyo General Election.

本日はたくさんの応援本当にありがとうございました。私は、去年のこの選抜総選挙で初めて選抜に入って、15位という順位をファンの皆さんにいただいていてから、その選抜のもう1つあるAKB紅白では圏外という結果を出してしまいました。
Thank you for your support today. In last year’s election, I became part of the top 16 for the first time when you placed me at #15. From that time, during the end of the year AKB Kouhaku election, I didn’t rank.

その時には、こうやってまたこの壇上で選抜としてスピーチが出来るとは想像もしていなかったです。本当に皆さんのおかげです。
At that time, I never imagined that I’d be able to make a speech here again. It’s all thanks to you.

客席から、フューチャーガールズから呼ばれるメンバーを見ていて、悔しくて涙を流すメンバーとか、きっとファンの皆さんと、悔しくて、喜んでメンバーがいる中で、アンダーガールズのそこまで上げてくれた皆さんがいる中で、結婚したいとか、結婚しますとか、そういうファンの皆さんが複雑な気持ちになってしまうことを言うメンバーを見て、それまでに流していたメンバーの涙の気持ちを考えると、本当に胸が痛いです。
From the audience, I watched the Future Girls’ group members being called. There were some who were frustrated and crying. Fans who were also frustrated. Members who were happy. Amongst the members who brought to Under Girls by the fans, someone who talked about marriage and stuff. When I saw everyone’s conflicted feelings, and I thought about all the tears I’d seen up to that point, my chest was in pain.

私は、去年年末ですごくファンの皆さんをその結果でがっかりさせてしまって、でもすごく悔しくて。でも本当に辛かったり、本当に苦しかったりそういう時に、初めて本気で大事なものを見つけることが出来るとこのグループで知りました。
At the end of last year, having disappointed all of you, I was really frustrated. It was really painful, but during that period, for the first time, I discovered something really important about this group.

そして、悔しかったその時間は、自分の糧になっていると、そのあと自分自身が諦めなければ知ることが出来る、それがAKB48グループだと、そう思っています。
Those times that frustrated me, it nourished me. And it made me not want to give up. That’s what I think the AKB48 group is about.

ファンの皆さんに伝えたいことは、私はファンの皆さんに結構悔し涙とかを流させてしまったり、そういうことが多くて…本当に申し訳ないんですけど、私がこのAKB48のメンバーの一員としての存在意義を見つけることが出来なくて、辛くなっている時、ファンの方が「朱里ちゃんがこのAKB48グループに必要ということを証明するよ」って言ってくれたから、私は今ここで嬉し涙を流せています。
What I want to tell you is, I’m truly sorry for crying tears of frustration. I didn’t understand what it meant to be part of AKB48. During tough times, fans said to me, “Juri-chan, we’ll prove to you that you’re a necessary part of AKB48”. Because of that, I’m now here crying tears of joy.

だから、たまに有料モバイルメールでファンの人に結構病んでるメールを送っちゃうんですけど、今年はその送る回数をちゃんとちょっとずつ頑張って減らせるようにしたいと思います。
In my mobile mail, I’ve sent a lot messages filled with my worries. This year, I’ll try to do that much less.

AKB48、このメンバーに投票してくださったすべてのファンの皆さんの期待に応えられるように頑張りたいと思います。
To the fans who voted, and the fans who continued to support me, I’ll try my best to fulfill your expectations.

今AKB48の姉妹グループや、そのほかのグループに推し変してしまっているファンの人たちには後悔させてみせます!…とは思っていないんですけども、皆さんが1周、2周回ってまた戻ってきた時も、AKB48が輝いている存在であるように精進したいと思います。
“If you’ve changed your favorite member from me to another sister group, or another group’s member, I’ll definitely make you regret it!”… is not what I’m thinking right now. But as you slowly return, I want to prove to you that AKB48 is the best.

皆さん、今日は応援してくださってありがとうございます。ファンの皆さんが大好きです!ありがとうございました!
Everyone, thank you for your support today. I love you all! Thank you very much!

Author: jerry

Sometimes editor. Sometimes translator. Mostly a proofreader. I like Japan and things.